必要な資金を集める方法

制度について調べてみよう

全くリスクがない方法

補助金や助成金は、返済する必要がありません。
ですから資金調達の方法の中でも、最もリスクが低いと言われています。
資金を得たいけれど、負担を増やしたくない人は活用してください。
しかし条件を満たしている人だけが申請できるので、よく確認しましょう。

中には開業する人なら誰でももらえる補助金や助成金があり、1つは自分が条件に当てはまる制度を見つけられると思います。
しかし申し込める期限が決まっていますし、締め切り前でもたくさん申請する人がいたら、募集が終わることがあります。
出遅れて補助金や助成金をもらえなかったら困るので、早めに申請することを意識してください。
申請の際に、何を提出すれば良いのか把握しましょう。

会社がある地域の制度

地域ごとに、制度が異なります。
ですから、会社がある地域の補助金や助成金を調べてください。
他の地域の制度を見ても、その地域で開業していない場合は申請できません。
また申請する際は、様々な書類を提出します。
その中に自分が条件を満たしていることを証明できる書類があり、これが非常に重要です。

書類に不備があると受理してもらえず、また申請し直さなければいけません。
ただでさえ補助金や助成金は申請してから資金を得られるまで時間が掛かるのに、不備があるとさらに時間が掛かります。
それでは、資金調達が間に合いません。
余計な時間や手間を掛けないよう、書類を丁寧に作成しましょう。
提出する前に、間違いがないか確認してください。


この記事をシェアする


ページの
先頭へ