開業のカギとなる資金調達の種類と特徴

必要な資金を集める方法

ノンバンクを選択しよう

開業する際は1000万円以上と、かなりまとまった資金が必要になります。
これまでに頑張って貯金をしてきた人も見られますが、それだけでは足りないことが多いです。
そこで金融機関から融資を受けて、足りない分の資金を補いましょう。
初めて開業する人は、ノンバンクに相談するのが良い方法です。
銀行も資金を貸してくれる金融機関ですが、大手の企業と取引をしていることが多く、初めて開業する人や中小企業、個人事業主には資金を融資してくれないかもしれません。

時間がある場合は、補助金や助成金を申請しましょう。
この方法は申請してから資金が手元に届くまで、1年ほどの時間が掛かるので、早めに行うことが大事です。
また、自分が使える補助金や助成金を見つけてください。
豊富な種類がありますが、それぞれで申請できる人に条件が決められています。
また地域ごとに異なる補助金や助成金があり、自分が暮らしている地域の制度を確認しましょう。

ネットを利用して、資金を集めることができます。
これがクラウドファンディングの特徴で、申し込みにわざわざ出かける必要がなく、全ての手続きをネット上で済ませられる面がメリットです。
多くの人に出資してもらうために宣伝したり、どのような事業を行っているのか説明したりすることを忘れないでください。
特にクラウドファンディングでは、宣伝が大事です。
宣伝しないと誰も気づいてくれず、資金が集まらないまま期限を迎えてしまいます。


ページの
先頭へ